動物看護士で通信教育

動物介護士と動物看護士とはちょっと違います。

動物看護士の方が少し難しいです。

でも動物看護士は通信教育で取得できます。詳細⇒動物看護士通信教育

では、動物介護士と動物看護士とはどこが違うのでしょうか。

仕事を辞めて動物看護師に転職したいと考えています。動物看護師は昔からなりたいと思っていた職業なんですが、恥ずかしい話ですが私の家には専門学校に通う余裕がなく、高校卒業後すぐに別の業界で働くことになりました。

「動物看護師は資格がなくても誰でもなれる仕事」という話を聞きますがどうなんでしょうか。

通信で中途半端な資格を取るくらいなら無資格でも雇ってくれる動物病院を探した方がお金と時間が無駄にならないと思う。
資格を重要視する病院もあれば、無資格でも本人の人間性とやる気を重要視する病院もあり見つかればいいですけど。
動物看護師が将来的に国家資格になれば専門学校や大学を出てないと働くことができなくなるけど、まだその段階ではないから、やるなら今のうちだと思います。

それに関する資格が存在します。その資格の取得のために、講座や学校がたくさん存在します。こういった講座や学校は、動物の健康管理や衛生管理についての専門知識について学び、スペシャリストになることを目指すものです。

動物病院で働く助手などの場合、資格がなくても従事することができます。

動物看護士に関する資格を持つことで、就職する場合には有利になります。

動物看護士は通信教育で十分所得できます。

動物介護士の資格

本講座では、犬・猫の老化、老犬・老猫の食事・運動・手入れ・住環境・病気などを総合的に学び、老犬・老猫の介護・ケアのスペシャリストになることができます。そして、その証明となる「動物介護士」の資格取得を目指せるのです。この機会に、業界からも注目される本資格を取得して、大きな成長が期待されるペット介護業界へ踏み出しましょう。
詳細⇒http://xn--xmq41hutg1u3alg0a.com/

本講座では、老犬ホーム(老犬・老猫介護施設)の開設と運営に必要な知識を総合的に学び、老犬・老猫の介護施設の開業を目指すことができ、大切な愛犬・愛猫を預けるお客様への信頼と安心につながる「動物介護ホーム施設責任者」の資格取得ができます。資格取得を機に、犬・猫の高齢化問題改善の一助となる注目のビジネスへチャレンジしましょう!

「動物介護士資格」「動物介護ホーム施設責任者資格」には実務経験などの受験資格はなく、誰でも安心して受験できます。そのうえ、通信講座の全カリキュラムを修了した方であれば、いつでも、何回でも受験することが可能です。また、試験はテキストを見ながら、「自宅」で、「好きな時間」に受験することができるので、リラックスしながらじっくり解くことが可能です。

「ペットに関わる仕事をしてみたい!」とトリマーやペット介護士の仕事に憧れている方は非常に多いものです。しかし、どんな勉強をすればいいか、どんな講座を受講すればしっかりとした実力が付くのかということで悩んでしまうかたも多いです。
当サイトでは、教材の質や講師の質などはもちろん、実際のペット講座利用者の口コミ情報を集めて、各ペット講座を徹底比較しています。
トリマーの場合、平均月収は15万円ほどです。時給の場合は、コンビニのアルバイト等とほぼ同額の場合が多いです。

動物看護士の場合、勤務時間が長いうえに、夜勤等が生じる場合で、平均月収18万円ほどでしょう。

動物介護士の場合、勤務先が動物病院や老犬ホームなどの場合、夜勤や早朝勤務が生じることもあり、平均月収は18万円ほどですから、年収で210万円ほどでしょう。

動物介護士とはなに

ペットシッターや動物看護師も、「「ペットの世話ができる」という点では、ペット介護士にも通じるところはあるのですが、ペット介護士が大事にしているのは、ペットに同じ家族の一員としてより笑顔あふれる生活を送ってもらうことです。「しつけ」というと、怒ったり言う事を聞かせるイメージが出るかもわかりませんが、問題行動の裏に隠されたメッセージをキャッチできればお互いにストレスを感じることのないしつけができますね。

生き物を扱うペットショップでは、動物の種類ごとの飼い方やお手入れ方法、健康管理と幅広い知識が求められます。お客さんの質問にも自信を持って答えられるようになりたいですね

飼い主の中には高齢化や老老介護など、どうしても飼えなくなった人たちも多くいます。しかし、動物介護に関する正しい知識やスキルを持っていないこと、看る時間がないことなどを理由に、安楽死や自治体への持込などを選ぶ人たちもいます。これまでは各自治体も引き取り、殺処分をしてましたが、平成25年9月に動物愛護法が改正され、飼い主が最後まで看取る責任が明文化されたことにより、引き取りを拒否できるようになったのです。こうした社会背景から、高齢化するペットへの介護・ケアの普及と老犬(老猫)介護ホームの必要性が急速に高まっているのです。

看取りまで飼えない、でも殺処分はしたくない。こうした現状から、老犬(老猫)介護ホームのニーズが急速に増えており、近年、各地に設立されています。また、提供されるサービスも多様化され、24時間ケア体制の整った施設や獣医師のいる施設、「訪問介護・デイケア」など、人間並みの介護サービスを提供している施設も登場しています。それにともない、介護・ケアに関する正しい知識を持つ人材のニーズも高まっているのです。

目指せる職業
トリマー ペットショップスタッフ ペットケアアドバイザー etc.
\ ビジカレなら仕事に役立つ資格が取れる! /
専門分野系

認定トリマーライセンス
愛玩動物飼養管理士
ビジネス実務・教養系

ビジネス文書技能検定
ビジネス能力検定(ジョブパス) etc.

動物介護士に憧れて

私は青森県弘前市に住む34歳 ミユキ(仮称)と言います。

実は結婚して、地元に帰ってきたクチです。

子供も大きくなり手が掛からなくなり、私なりの次のステージに行きたいと思います。

で、私は通信教育でいろいろ探したところ、動物介護士の資格を取ろうと考えました。

小さい頃から動物が好きだったんですが、親がペットを飼う事を許してくれず悲しい思いをしてました。その反動かな?もう思いっきり動物と触れ合いたいんです。出来たら自分ちでも犬を飼ってみたいですね。

私の希望はボクサー。基本 ぶさ犬が好きなんですよ。かわいいですよね~

そんなこんなでとにかく動物介護士の資格を取りたいんですよ。

通信教育って種類が沢山あって、どれにしようかすっごく迷ったんですが、まさに私の希望にどんぴしゃりだったんです。

てな事で、私が動物介護士をとる過程をご報告していこうかと思っています。

宜しくです!!!