動物介護士とはなに

ペットシッターや動物看護師も、「「ペットの世話ができる」という点では、ペット介護士にも通じるところはあるのですが、ペット介護士が大事にしているのは、ペットに同じ家族の一員としてより笑顔あふれる生活を送ってもらうことです。「しつけ」というと、怒ったり言う事を聞かせるイメージが出るかもわかりませんが、問題行動の裏に隠されたメッセージをキャッチできればお互いにストレスを感じることのないしつけができますね。

生き物を扱うペットショップでは、動物の種類ごとの飼い方やお手入れ方法、健康管理と幅広い知識が求められます。お客さんの質問にも自信を持って答えられるようになりたいですね

飼い主の中には高齢化や老老介護など、どうしても飼えなくなった人たちも多くいます。しかし、動物介護に関する正しい知識やスキルを持っていないこと、看る時間がないことなどを理由に、安楽死や自治体への持込などを選ぶ人たちもいます。これまでは各自治体も引き取り、殺処分をしてましたが、平成25年9月に動物愛護法が改正され、飼い主が最後まで看取る責任が明文化されたことにより、引き取りを拒否できるようになったのです。こうした社会背景から、高齢化するペットへの介護・ケアの普及と老犬(老猫)介護ホームの必要性が急速に高まっているのです。

看取りまで飼えない、でも殺処分はしたくない。こうした現状から、老犬(老猫)介護ホームのニーズが急速に増えており、近年、各地に設立されています。また、提供されるサービスも多様化され、24時間ケア体制の整った施設や獣医師のいる施設、「訪問介護・デイケア」など、人間並みの介護サービスを提供している施設も登場しています。それにともない、介護・ケアに関する正しい知識を持つ人材のニーズも高まっているのです。

目指せる職業
トリマー ペットショップスタッフ ペットケアアドバイザー etc.
\ ビジカレなら仕事に役立つ資格が取れる! /
専門分野系

認定トリマーライセンス
愛玩動物飼養管理士
ビジネス実務・教養系

ビジネス文書技能検定
ビジネス能力検定(ジョブパス) etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です